現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 札幌開発建設部 治水事業
  4. 川の学習素材
  5. 調査船「弁天丸」を活用した体験学習について

調査船「弁天丸」を活用した体験学習について

調査船「弁天丸」を活用した体験学習について

体験学習の趣旨

川の魅力~川の持つ教育力、総合的な学習の時間に「環境教育の場」として「川」をいかす
 この体験学習は小学生を対象とし、学校等と連携して、石狩川流域の「治水事業と河川管理施設の機能」、「災害の歴史や防災」、「流域の風土」、「地域の水文化」、「周辺の河川環境」等について学習支援を行うことにより、河川環境保全意識や防災意識の向上を図ることを目的とし、以下の理念のもとに実施されています。
 川には五感にうったえるものがたくさんあります。神秘的かつ不思議な自然にふれることで様々な発見と感動が生じ、それにより心が動き、発見により学習意欲が喚起され、そして、自ら考え責任をもって行動する力が身に付くともいわれています。川を学ぶことは、地域の歴史、自然、産業、防災など様々な学習に発展させることができ、「総合的な学習の場」として絶好の要素を持っています。いわば、川そのものが教育性を内在しているのです。
調査船「弁天丸」に乗船し、茨戸川、千歳川や石狩川の自然にふれてみませんか。
  • 体験学習イメージ

調査船「弁天丸」について

調査船「弁天丸」は、平水や出水時の流れや水質を調査するとともに、水辺環境の把握を行うための調査船です。
 弁天丸主要諸元
長  さ 16.5m
4.2m
深 さ 1.4m
総トン数 16 トン
旅客定員
最大12名
※12歳未満の小児は2名で
1名分の旅客に該当

※ 乗船定員を上回る場合は、2班あるいは
  3班に分かれて乗船する
  • 弁天丸
  • 弁天丸イラスト

体験学習

体験学習の申し込みについて

※下記申込要領による体験学習の申込みについては、小学生を対象とした総合学習に限らせていただきます。
※体験学習の申込みについては、申込み件数が予定数に達したため、受付を締め切らせていただきました。

体験学習のしおり

 PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Acrobat Readerが必要です。上記リンクをクリックしてAcrobat Readerをダウンロードして下さい。(無償)

お問合せ先

札幌開発建設部 河川計画課 第4スタッフ

  • 住所:〒060-8506 札幌市中央区北2条西19丁目
  • 電話番号:011-611-0329
  • ファクシミリ:011-611-4210

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 河川計画課
  3. 札幌開発建設部 治水事業
  4. 川の学習素材
  5. 調査船「弁天丸」を活用した体験学習について