現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 営繕調整課
  3. 道内合同庁舎のエネルギー使用状況

道内合同庁舎のエネルギー使用状況

道内合同庁舎のエネルギー使用状況

 営繕部では、政府がその事務及び事業に関し温室効果ガスの排出の抑制等のため実行すべき措置について定める計画(平成28年5月13日閣議決定。以下「政府実行計画」という。) の達成に向けた取組への技術的支援として、道内の各省庁の建物に対する環境対策に関する情報提供などを行なうことで、地球温暖化対策に取り組んでいます。
 ここでは、営繕部が技術支援を実施している道内24の合同庁舎におけるエネルギー使用状況等について、お知らせします。
 官庁施設の保全及び環境について「保全・環境インフォメーション」として記事を掲載しておりますので、こちらもご活用下さい。

令和元年度(2019年度)単位面積あたりの年間エネルギー消費量

  • ””
一次エネルギー消費量とは?
一次エネルギー消費量は、電気・油・ガス等の消費量にそれぞれの換算係数をかけて、燃料別の発熱量をエネルギー(MJ:メガジュール)で表したものです。一次エネルギー消費量に換算することで、異なる計量単位(kw、kl、m3)の電気・油・ガス等が使われていても、建築物の総エネルギー消費量を同じ単位(MJ)で求めることができます。

注1) 上記グラフは、上記の合同庁舎管理者より、官庁施設情報管理システム(BIMMS-N)に入力していただいた電気使用量・各種燃料使用量等の情報を基にして、作成しています。
規模別単位面積あたりの年間一次エネルギー消費量の目安
施設の規模 単位面積あたりの年間一次エネルギー消費量
(MJ/㎡・年) 
 延べ面積1,000 ㎡以上~2,000 ㎡未満  449~850
 延べ面積2,000 ㎡以上~3,000 ㎡未満  515~886
 延べ面積3,000 ㎡以上~10,000 ㎡未満  561~924
 延べ面積10,000 ㎡以上  614~1,199
国家機関の建築物等の保全の現況(令和3年3月)44ページより
(参考)施設概要

過去の単位面積あたりの年間エネルギー消費量

単位面積あたりの年間エネルギー消費量の推移

 政府実行計画における温室効果ガス総排出量に関する目標の基準年(平成25年度(2013年度))から最新年までの単位面積あたりの年間エネルギー消費量の推移です。

お問合せ先

営繕部 営繕調整課

  • 電話番号:011-709-2311(内線5730)
  • ファクシミリ:011-709-2148

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 営繕調整課
  3. 道内合同庁舎のエネルギー使用状況