現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 事業のあらまし

事業のあらまし

ページ内目次

事業のあらまし

札幌開発建設部では、河川整備事業、道路整備事業、農業農村整備事業、空港整備事業、国営公園整備の各事業を推進しています。
(平成29年4月 札幌開発建設部)
(平成29年3月 札幌開発建設部)

河川整備事業

北海道の自主・自立の発展基盤となる石狩川流域においては、「地球環境時代を先導する新たな北海道総合開発計画」(平成20年7月4日閣議決定)の主要施策である「安全・安心な国土づくり」、「地球環境時代を先導し自然と共生する持続可能な地域社会の形成」等を踏まえ、水害や土砂災害、地震災害に強い安全でうるおいのある国土環境を創出するとともに、北国の豊かな自然を活かした水と緑に恵まれた個性ある地域をつくるため、事業箇所の重点化、ダムなど既存ストックの有効活用等を含め、効率的・効果的に国土保全事業及び水資源開発事業を推進します。
また、北海道洞爺湖サミット開催を契機に、北海道環境イニシアティブとして、リサイクルの促進、植樹活動等を行います。  

道路整備事業

北海道の自立に向けた産業の振興と、これを支える総合物流対策を推進するとともに、地方都市の再開発や農村漁村の活性化など、生活関連施策の展開を支援し、災害等に強い安全で安心な社会の構築を目指した道路整備を重点的に進めています。
特に、物流の効率化を図り、経済構造改革を支援するため、主要な港湾、空港と連絡する高規格幹線道路等の整備を進めます。

農業農村整備事業

管内は穀倉地帯である石狩平野が広がり、肥沃な土地、恵まれた気象条件、豊かな水資源を背景に、より一層の効率化・規模拡大を図るための施策が積極的に展開されています。
また、ほ場の大区画化による生産性向上や豊かな田園環境の創造などにも取り組んでいます。

空港整備事業

管内には地域拠点空港である新千歳空港と、道内航空ネットワークの拠点空港でもある札幌飛行場(丘珠空港)があります。
新千歳空港・札幌飛行場(丘珠空港)ともに旅客・物流の効率化を促進するための整備事業を展開しています。
北海道開発局の役割
北海道開発局では、基本施設(着陸帯、滑走路、誘導路、エプロン)及び附帯施設(道路及び駐車場)等の 土木工事を担当(照明施設、無線施設等の航空保安施設は除く)しています。

公園整備事業

滝野すずらん丘陵公園(滝野公園)は、道央圏を中心とする広域的なレクリエーション需要に対応するために設置された国営公園です。現在、国営公園は整備中も含めて全国に17箇所あり、北海道ではここ滝野公園が唯一の国営公園となっています。滝野公園は、昭和53年に公園整備に着手し、平成22年5月22日に395.7haが全園開園しています。平成13年度には、入園者数が約60万人を超えるなど多くの方に利用されています。
 また、滝野公園は、札幌市の中心部から約20キロメートルの札幌市南区滝野地区に位置し、車で約30分の距離にあります。この周辺には、札幌芸術の森、札幌ふれあいの森、また、数多くのゴルフ場などがあり、札幌市南部のレクリエーション・エリアを形成しています。

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 事業のあらまし