現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 広報官
  3. 北海道胆振東部地震 復旧・復興
  4. 苫小牧港湾事務所

苫小牧港湾事務所

苫小牧港湾事務所

 苫小牧港は、北海道全体の港湾貨物量の約5割(全国第4位)を扱っています。特に、国内貨物においては定期航路数・取扱貨物量ともに全国第1位となっており、北海道の経済・生活を支える物流拠点港湾として重要な役割を担っています。
 平成30年北海道胆振東部地震では震度5強を観測しましたが、物流機能が停止するほどの大きな被害は発生しなかったものの、岸壁・物揚場において沈下やひび割れといった被害が発生しました。
 こうした状況を踏まえ、西港区中央南埠頭のエプロンのひび割れ修復工事、東港区船だまり物揚場を復旧する工事を実施中です。

災害復旧工事の実施状況

苫小牧港西港区中央南ふ頭
苫小牧港東港区船だまり
 -3m物揚場 約110m
 -4m物揚場 約605m
  中央ふ頭2号岸壁
船揚場

お問合せ先

広報官

  • 住所:室蘭市入江町1番地14
  • 電話番号:0143-25-7051

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 広報官
  3. 北海道胆振東部地震 復旧・復興
  4. 苫小牧港湾事務所