現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 治水課
  3. 治水事業 トップページ
  4. 釧路川水系河川整備計画 トップページ
  5. 釧路川流域委員会について

釧路川流域委員会について

釧路川流域委員会について

釧路川流域委員会 設置要領

(目的)
第1条
 この要領は、釧路川の整備の現状及び将来の状況を考慮して河川整備計画を作成するため、北海道開発局と北海道が共同で釧路川流域委員会を設置することを定めるとともに、その審議事項等を定めることを目的とする。
(設置)
第2条
 北海道開発局及び北海道は共同で、釧路川流域委員会(以下「委員会」という。)を設置する。
(審議事項)
第3条
 委員会は、次に掲げる事項を審議する。
(1)釧路川河川整備計画の案に関する北海道開発局長(以下「局長」という。)及び北海道知事(以下「知事」という。)への意見
(2)釧路川河川整備計画の案に係る住民等からの意見聴取の結果に関する局長及び知事への助言
(組織)
第4条
 委員会は、学識経験を有する者等のうちから釧路開発建設部長及び釧路土木現業所長が委嘱する者をもって組織する。
2 委員の任期は1年とし、再任を妨げない。
3 委員会に、委員長及び副委員長を置く。
4 委員長は、委員の互選により選出し、委員会の事務を総括する。
5 副委員長は、委員の中から委員長があらかじめ指名し、委員長に事故等があるときは、その職務を代行する。
6 委員会は必要に応じ、部会を設置することができる。
(議事等)
第5条
 委員会は、委員長が招集する。
2 委員会は、委員の2分の1以上の出席をもって成立する。
3 委員会の議事は、原則として公開するものとする。
4 河川管理者は、委員から説明等を求められたとき、委員長の許可を得たとき等において、説明、意見の表明等を行うことができる。
5 委員会は、必要があると認めるときは、専門家、地域住民等からの意見聴取、関係資料の提出その他必要な措置を講ずることを局長及び知事に要請することができる。
(委員会に関する事務の処理)
第6条
 委員会に関する事務は、北海道開発局釧路開発建設部治水課及び北海道釧路土木現業所治水課が共同で処理する。
(雑則)
第7条
 この要領に定めるもののほか、委員会の運営に関し必要な事項は、委員長が委員会に諮って定める。
附則
 この要領は、平成14年10月18日から施行する。

釧路川流域委員 名簿(平成19年7月現在)

名称 氏名 所属 役職 専門等
副委員長 内島 邦秀 北見工業大学工学部 元教授 河川工学
委員 小川 龍幸 北海道標茶高等学校 校長 教育
委員 亀井 照夫 北海道旅客鉄道(株)
釧路支社
支社長 経済・観光
委員長 小磯 修二 釧路公立大学
(地域経済研究センター長)
教授 地域計画
委員 佐竹 直子 (株)北海道新聞社 釧路支社 記者
委員 杉沢 拓男 NPO法人
トラストサルン釧路
事務局長 湿原環境
委員 高取 剛 標茶町農業協同組合 組合長 農業
委員 高山 末吉 釧路自然保護協会 会長 自然保護
副委員長 辻井 達一 財団法人
北海道環境財団
理事長 植物生態学
委員 濱 隆司 釧路水産用水汚濁防止
対策協議会
顧問 漁業
委員 伊東 良孝 釧路市 市長 関係自治体
委員 佐藤 廣高 釧路町 町長 関係自治体
委員 池田 裕二 標茶町 町長 関係自治体
委員 徳永 哲雄 弟子屈町 町長 関係自治体
委員 日野浦 正志 鶴居村 村長 関係自治体

釧路川水系河川整備計画メニュー

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 治水課
  3. 治水事業 トップページ
  4. 釧路川水系河川整備計画 トップページ
  5. 釧路川流域委員会について