現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 築港課
  3. 函館港全体(現在)

函館港全体(現在)

函館港の概要

「函館港は北海道南西部渡島半島の南部に位置し、今から560年余り昔(1440年頃)数十戸の一漁村宇須岸(ウスケシ)として誕生しました。1859年修好条約の締結により、横浜・長崎とともに我が国最初の貿易港として開港され運上所が設けられた以後、函館港は、本州と北海道を結ぶ要衝として、また外国貿易港としての地位を占めました。

1879年港湾調査に着手した以降は、区営、市営改良工事を始め、北海道拓殖計画、国直轄港湾改修事業として、現在まで着実に港湾施設の拡張整備が進められてきました。さらに、現在、2005年3月承認の函館港港湾計画に基づき、流通拠点としての公共ふ頭の整備、幹線臨港道路の整備、これらの計画と呼応して本港の優れた地形を生かしたウォーターフロントの整備等、魅力ある港湾整備を推進しています。
  • 函館港上空写真

MENU

お問合せ先

築港課

  • 電話番号:0138-42-7635 、 0138-42-7642  0138-42-7641

現在位置の階層

  1. トップページ
  2. 築港課
  3. 函館港全体(現在)